林技建は、愛知県三好町・東郷町・豊田市・日進市を中心に、新築・リフォーム・古民家再生・耐震・断熱事業を行っています。

【メニュー】


【本文】

施工事例

施工事例一覧に戻る

耐震改修事例-旧基準の診断はやっぱり数値が低かった

リフォーム耐震補強
屋根と構造材を一体化

平成17年に無料耐震診断を行った2階建ての木造住宅、昭和52年新築、昭和59年1階増築の建物の

診断数値が当時 0.63であったものを平成20年の新診断法で再計算をし、0.43になってしまいました。

決して、痛んでいるお宅でもなく、維持管理が悪いわけでもないのですが数値が上がりません。

改修の順番で、大事なことをお伝えします。

1. 詳細診断を必ず行ってください。

  詳細診断をすることによって、正確な筋交い等の耐力の把握ができます。また、もし床に傾斜

  があれば、床組が悪いのか、基礎の影響か、地盤の影響かわかります。

  詳細診断をすれば、地盤が悪い可能性がなければ地盤調査は不要になります。

2. 建物耐力が把握できれば、精算法による細かい計算を行っても安心できます。

  精算法とは、WEE計算の1階耐力は、総2階建てで1階耐力を計算します。

  しかし、精算法は2階の面積を実態と同じ面積にできるので、1階に無駄な(余裕も大事です)

  少ない補強、費用で改修が可能になります。

このお宅も数値的には0.43ですが、精算法で再計算しますと、0.71まであがります。

2009_10230029.jpg

 

 

 

 

 

 

 

筋交いとか、構造用合板とかの

壁耐力補強をすると柱に引き抜きが掛かります。それを防ぐのが金物です。その引き抜き耐力を計算

するのが、N値計算です。

2009_10230061.jpg

構造用合板は釘でなければならず、N-50 で@150が守られないと

耐力が低下したり、地震時に釘がぬけて役に立たないことがわかって

います。

このお宅は増築部分がつなぎ梁などの構造材が脆弱で補強に

屋根裏(タルキ下端)にも張りました。そうすれば構造が一体となって地震

に耐えられます。

補強箇所も少なく、費用も補助金がいただける最低のラインで収まりました。

補助金の申請時に市役所の担当者の一言  『安い』 でした。

いろいろな改修用の金物、機材など開発され安価になってきました。

皆様も地震にそなえてください。

前の施工事例

次の施工事例

林技建のオリジナル設計

林技建は新築・リフォーム・耐震補強など、お客様のさまざまなご要望にお応えした「家づくり」を行っています。
また、住宅の他に事務所やアパートの施工実績も多数あります。
個性あふれる林技建の施工事例をご覧下さい。

林秀和一級建築士

お問い合わせ

林技建への疑問・ご質問は、お電話や電子メールでお気軽にお問い合わせください。

対応地域
愛知県西加茂郡三好町・東郷町、豊田市、日進市、愛知郡長久手町、豊明市、刈谷市、知立市、名古屋市 他

お問い合わせ

このページの先頭へ


【メニュー】


【サイト情報】

有限会社林技建
Copyright © 2008 HAYASHI GIKEN. All Right Reserved.